日本では水道水が飲めるのが当たり前です。それが

日本では水道水が飲めるのが当たり前です。
それが必勝化された日本では水で苦労した事も早く、インターナショナル社会でも水の利益を少なく見気味で、
その結果、水で苦労している国の面々の大変が理解できない、なんてことも普通にあります。
私もある程度は知ってはいても、それを実感するなんてことはありませんでした。
たとえば、水によって酒の方が安っぽいナショナリズムがあるとか。
たとえば、炭酸水しか沸かないナショナリズムがあるとか。

とはいえ日本には水の大変が普通に存在します。
それは水害。全国は毎年台風が飛来しますが、こういう水害による大難や経済的負債は無視できません。
ビットコイン

ただしそのおかげで全国各地はたいして、水不足が発生し辛く、発生しても台風が来れば解決するような状況なのです。
水が多すぎて困るナショナリズム、それが全国と云え、それ程言うと自負かといじける外人の方もいますが、
たとえば毎年、川が反乱したり豪雨が飛び交って事故死や農産物が駄目になる、という弱みを触れるという、日本の水への思い込みがそこそこは直ります。

ある意味、全国は水の恩賞といった試練に恵まれたグランドといった云えますが、こういった納得がしばし広まってほしいですね。